笑顔が生まれる美味しさ
マイクロ波再加熱カート
ミールシャトル

  • 笑顔が生まれる美味しさマイクロ波再加熱カートミールシャトル
  • 笑顔が生まれる美味しさマイクロ波再加熱カートミールシャトル
  • 笑顔が生まれる美味しさマイクロ波再加熱カートミールシャトル

笑顔が生まれる美味しさマイクロ波再加熱カートミールシャトル

ニュークックチル対応!
病院・介護施設向け。
料理をおいしく温めるミールシャトル

ニュークックチル対応の再加熱カート「ミールシャトル」は、
業界初となるマイクロ波方式を採用することで、作りたてと変わらない“おいしさ”を再現します。
食材の中心から直接かつ急速に温める方式は、熱によるダメージを最小限に留め、
味や風味はもちろん、色や艶、盛り付けといった見た目、温度の面で、ほかの加熱方式に比べ優れた仕上がりに。
かつ、使用食材の幅が広がることから、豊富なメニューの提供にもつながります。

また、提供者側にとってもメリットは多数。イニシャル・ランニングコストが削減できることに加え、コンパクト設計による省スペース化も実現。
さらに、リレー方式の採用でより効率的なオペレーションも可能にします。ミールシャトル導入によって生まれた余裕は、
盛り付けに時間をかけたり、急なトラブルや変更に対して柔軟に対応したりと、さまざまな活用が考えられます。

さらに詳しく

ニュークックチルシステムとは?

ニュークックチルとは、従来のクックチルシステムに改良を加え、盛付後の冷蔵保存を可能にしたシステムです。
急速冷却された食事は食器に盛り付けられ、配膳トレーにセットされます。
その後、再加熱ができるカートにセットしたら、そのままチルド保存。
食事提供の時間が来たタイミングで再加熱が行われるという仕組みです。

冷蔵保存は食事をする側にも提供する側にも大きなメリットを与えます。
提供前に盛り付け作業を行わなくてよいため、スタッフの早朝出勤の時間や回数の見直しにもつながるでしょう。
また、盛り付けによって料理が冷めないため、配膳もスピーディーに。つねにおいしい状態で食事が提供できます。
加えて、食品衛生管理手法として国際的に認められているHACCP(ハサップ)に基づいた温度管理も容易に。
また、大量調理施設衛生管理マニュアル化に基づいた温度管理も可能になります。

こんなお悩みありませんか?

CASE1支度に時間がかかる
ミールシャトルは、キッチンで調理した料理を
急速冷却し食器に盛り付けトレーに乗せた状態でカートに保存。
決まった時間に再加熱するだけ。そのため作業時間を短縮できます。
CASE2朝食準備で早朝出勤がある
朝食の配膳もカート内にて再加熱された食事を運ぶだけ。
早朝や祝日の出勤を軽減します。計画的に作業できることで
慌てることもなく、安全で快適な作業環境が確保できます。
CASE3人件費がかさむ
出勤時間・作業時間が軽減され、人件費を大幅にカットが可能です。
コスト削減に大きく貢献いたします。
CASE4喫食者ごとにメニュー提供できない
あらかじめ計画的に用意してチルド保存が可能なため。
毎回複数の献立を調理する必要はなく、喫食者の症状・ニーズに合わせ
最適な献立と適温の食事を提供できます。
CASE5電気代がかさむ
早朝作業・残業時間の短縮により、電気代を軽減することが可能。
経費のコスト削減につながります。
CASE6料理の仕上がりが人それぞれ
スタッフが交替制(シフト制)だと、その日その日で料理の仕上がりも異な
ります。ニュークックチルで決まった方法で計画的に調理してチルド保存す
ることでいつでも安定した仕上がりの料理を提供できます。

CONCEPT STORY

美味しさを追求するミールシャトル

Meal
SHUTTLE

コンセプト

MealSHUTTLE

「患者さんの食事が冷めてしまっている」といった問題をはじめ、加熱ムラやメニューのマンネリ化、そして現場の負担など、数多くのお悩み・課題が横たわっていたのです。これを解決するために、当社は機器を制作。そのなかで生まれたのは、食事提供における作業効率化や安全性の向上だけでなく、「おいしい食事を届ける」という大きなコンセプトでした。

開発ストーリー

Meal SHUTTLE
Outline

ミールシャトル 3つのポイント

Topicsメディア掲載・展示会情報

トピックス一覧

導入モデルケース

施設名称
●医療法人 清友会 植田病院
●医療法人 清友会 介護老人保健施設 
グリーンパルゆう
●特別養護老人ホーム・指定介護老人福祉施設 桜の丘
導入台数
●ステーション 21台(1台20善仕様)
●シャトル 84台(1台10善仕様)
使用開始
2014年5月27日
導入してからの利点
10年前に初めて再加熱機を導入した際はサーブからニュークックチルへの移行ということもあり、いわば未知の世界への挑戦ということで、相応の苦労もしましたが、関係各社の協力もあり何とか軌道に乗せることができました。
今回はニュークックチルシステム自体は変わらず、再加熱機のみの入れ替えでした。
マイクロ波加熱機導入後もスタートから中島製作所の方と一緒に立ち上げたおかげで
大きなトラブル等なく入れ替えることができ、メニューなどはそのまま流用しましたので熱風方式再加熱からマイクロ波方式再加熱への移行は行いやすいと感じました。

さらに詳しく

Company & FAQ
会社紹介・Q&A

中島製作所について中島製作所について
大正14年創業の老舗
中島製作所のご紹介はこちらから。
ミールシャトル導入のQ&Aミールシャトル導入のQ&A
ミールシャトル導入について
よくあるご質問をまとめています。