導入モデルケース

Model ミールシャトル導入モデルケースのご紹介

佐賀中島製作所がご提供するニュークックチル対応再加熱カート「ミールシャトル」の導入モデルケースについてご紹介します。
お客様が抱えていた問題や、解決できた課題などについて掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

導入事例 CASE1 植田病院様の場合

以前からニュークックチルを採用していたという植田病院様。現行機の買い替えのタイミングで、当社のマイクロ波加熱方式による再加熱カートにご注目いただきました。その際頂戴したご要望が、現在のシステムはそのままに、コンパクト化した再加熱機のみを入れ替えたいとのことでした。加えて、再加熱機には温冷機能の両方を備えたいという点もポイントでした。これらを踏まえたうえで、当社が新規開発・製作を実施しました。
植田病院様では、2014年5月導入開始時期より現在も使用頂いています。

病院概要
名称 医療法人 清友会 植田病院
所在地 福岡県筑後市大字西牟田6359-3
病床数 精神科・神経科180床、内科41床
施設名 医療法人 清友会 介護老人保健施設 クリーンパルゆう
入所等 入所 100床(うち短期入所用5床)
通所 40名(デイケア)
施設名 特別養護老人ホーム・指定介護老人福祉施設 桜の丘
サービス内容・入所等 特別養護老人ホーム 入居定員:50名(4人部屋10室・2人部屋2室・1人部屋6室)
ショートステイ 定員:20名(4人部屋4室・1人部屋4室)
デイサービス 20名/日
小規模多機能型居宅介護施設 さくらそう 定員:25名(居室:9室
グルームホーム さくらそう 定員:18名(居室:18室)
担当者 事務局長 近藤博文 様
各施設のカート購入台数・使用開始時期
ステーション
(1台20膳仕様)
植田病院 10台
クリーンパルゆう 7台
桜の丘 4台
合計 21台
シャトル
(1台10膳仕様)
84台

2014年5月27日より運用開始

各施設のカート購入台数・使用開始時期

納入前後のサポート内容について
ソフト面
  • 立ち上げのフォロー
  • 加熱パラメータの調整補助
  • 再加熱に適した調理、盛り付けなどのフォロー
ハード面
  • 定期点検
  • メンテナンス
植田病院<食事・使用食器>
再加熱できる形態
一口大 刻み 極刻み
一口大 刻み 極刻み
ムース ミキサー  
ムース ミキサー  
食器の種類
メラミン蓋/PPS食器 メラミン蓋/陶器
メラミン蓋/PPS食器 メラミン蓋/陶器
導入前・導入後の違い
導入前
  • 再加熱終了後、配膳カートにトレイを移し替えるのが手間だった
  • 再加熱器は加熱機能のみだった
導入後
  • 再加熱器をそのまま配膳として使用できるようになった
  • 機器がコンパクトになり扱いやすくなった
  • 再加熱器に温冷の両機能がついた
  • マイクロ波加熱方式は他方式よりも乾燥が少なく、見た目も良く仕上がった
  • 従来より短時間で再加熱できるようになった
  • ニュークックチルシステムはそのまま、再加熱機のみの入れ替えで済んだ
  • メニューがそのまま流用できた

Topicsメディア掲載・展示会情報

トピックス一覧