病院・介護施設にニュークックチルが必要とされる訳

ニュークックチル導入のメリット

ニュークックチルが注目される背景

ニュークックチルが注目を集める背景には、診療報酬改定や
介護保険制度改定による、病院・施設の栄養部門収支の悪化があります。
近年では、2005年10月の「改定介護保険法」施行による「居住費」、「食費」の
見直しと、翌2006年4月の入院時食事療養費の改定が大きな打撃を生みました。
このとき、多くの病院・福祉施設では栄養部門の収支が15~20%減収になった
とみられています。

これらの背景を受けて、病院や施設には栄養管理や衛生管理における
コスト削減が求められています。とくに病院では、患者さんの症状などに合わせて
幅広い食種構成も必然となるなか、食材費や人件費、光熱費などを
抑えていかなくてはなりません。つまり、病院・施設では、食事の提供にあたって
画期的な改革が必要になっているといえるのではないでしょうか。

病院・施設における課題

病院や施設における食事提供にあたっては、次のような特性に対する課題が掲げられています。

食事提供の特性と課題

このように、栄養管理部門には多くの要求が寄せられているにもかかわらず、人や手間を増やす余裕はない
というのが現実です。

ニュークックチルが問題を解決!

こういった病院・施設が抱える課題の解決手段として、おもに次の3つが挙げられています。

1.調理部門の外部委託化 2.新調理システムの導入 3.セントラルキッチンの建設および利用

この中で「【1】外部委託」については、価格優先の入札によるコスト圧縮によってスタッフの就労条件が圧迫され、
品質が守れなくなるなどといった負の連鎖が起きてしまうことがあります。
そこでカギとなるのが、セントラルキッチンの建設と併せた新調理システムの導入です。

厚生労働省では院外調理解禁の前提条件に、新調理システムであるクックチルの導入を明示しています。
そのためセントラルキッチンの建設にあたり、クックチルを導入する医院・施設が増えています。

クックチルから改良されたニュークックチルシステムは、セントラルキッチンで調理した料理は急速冷却によって
チルド状態にし、そのまま食器に盛り付けてトレーにセット。その後トレーのまま再加熱できるカート(配膳車)で
保存され、食事時間に合わせて温める物だけ再加熱して提供されます。

このシステムによって、「安全管理の徹底」「栄養管理の充実」「コストダウン」の3つの課題を解決。
ニュークックチルこそ、医院・施設を変える大きなカギとなるのです。

tel:0952-97-1121 電話受付:8:15-17:05(日祝日定休)

お問い合わせ

ニュークックチルの基礎情報
そもそもニュークックチルとは?
病院・介護施設にニュークックチルが必要とされる訳
ニュークックチル導入における成功のポイント
こんな事で困っていませんか?
6つのお困りポイント
会社紹介
中島製作所について
本製品が誕生したストーリー?開発者の想い?
社内体制について
ミールシャトルについて
「ミールシャトル」が選ばれる理由
製品概要(スペック)
導入実績紹介
メディア掲載情報
お問い合わせから製品導入までの流れ
よくある質問Q&A
  • お問い合わせ・資料請求
  • ミールシャトル展示会情報のご案内
  • 代理店募集のご案内
関連ホームページ
株式会社中島製作所
メック 株式会社